隣人への印象アップ!引越しの挨拶をしっかり行おう!

挨拶のタイミング

男女

挨拶に行くタイミング

挨拶に行くタイミングは、引越し前に済ましておきましょう。引越しの作業で騒がしくしたり荷物の搬入車が道に停車したりなにかと住民に迷惑をかけることになります。仕事が休みで家でゆっくりしている方もいるので、お詫びの意味も込めて引越し前に挨拶に伺うようにしましょう。そうすることで引越し当日騒がしくなっても住民の方々は「引越しの作業だな」と安心して過ごすことができます。遠くに引越す場合はなかなか先に挨拶に伺うということができないですよね。そんな時は引越しを終えてから1週間以内に、できるだけ引越しを行った日から日を空けないで行いましょう。

挨拶に行く時間帯

引越しの挨拶に行く時間帯にも配慮が必要です。なるべく平日の朝9時以降、できれば10時~4時がおすすめです。遅くても夕方の暗くなる時間帯の5時頃までには済ませましょう。朝の忙しい時間帯や夕方のご飯時間は避けるのがマナーです。特に子どものいる家庭では朝ご飯や夕ご飯を作るのに忙しいですし、小さい子がいる場合はなかなか目を離すことができないので、一息ついた時間帯を選びましょう。ですが、仕事などの都合で夕方夕方以降にしか挨拶できない場合は、夕方であっても「夜分からすみません」と気遣いの一言を添えましょう。8時以降になってしまうと小さい子は寝ていることもありますし、失礼になるので8時以降になりそうな場合は日を改めましょう。もし何度も挨拶に行くけどタイミングが悪く会えない場合は、挨拶状などをポストなどに入れておきましょう。