隣人への印象アップ!引越しの挨拶をしっかり行おう!

引越し後にすること

男性作業員

荷物が全て移動できたら引越しおしまいではありません。引越しができてからすることも沢山あります。まず、転入届や転居届の提出です。印鑑と市外に引越した場合は、転出証明書が必要です。基本的に転出証明書が必要ですが、マイナンバーカードで済ませられる市町村もあります。また、手続きするのは、本人か配偶者です。
次に必ずする必要があるのが、運転免許証です。なぜ、運転免許証をがすぐ替えるかというと、運転免許証が基本的に本人確認に必要で、その住所が変わっている必要があるからです。その住所が変わっていないと他の住所変更の際に面倒ですので、転入届や転出届の変更の後すぐに、運転免許証の住所変更をしましょう。次に優先したいのがガスやインターネットの開通です。電気や水道などは実は電話一本ですぐに開通できます。しかし、ガスは開通のために立ち会いが必要ですし、インターネットの開通には工事が必要です。どちらも混んでいる3~4月は中々都合のいい時間にあいていない可能性があるので、早めに予約しておきましょう。また、自営業やフリーランス、無職の方は転入届を出す際に国民健康保険の加入をしましょう。国民健康保険は厚生年金や社会保険に入っていない人は加入が義務付けられています。入っていないと急な病気等でも病院に行けなくなってしまうので、しっかり加入しましょうね。また、引越しをしたら、近所に挨拶をするのも忘れないようにしましょう。特に家族での引越しの場合は、防犯にもつながるので、顔見知りになっておくといいですよ。挨拶の時には粗品をもって行きましょう。